2021年07月03日

夢をかなえる第一歩(フレームワーク活用のヒント その31)

<この記事は【まぐまぐ大賞受賞メルマガ】夢をカナエル!ビジネスに役立つ52の法則 第802号からの転載です>

書籍「図解でわかるビジネスフレームワーク いちばん最初に読む本」には、70種類のフレームワークを掲載しています。ビジネスはもちろん、人生のさまざまな場面で活用できます。

前回、このメルマガで紹介したマンダラート。高校時代に大谷翔平選手が作成した目標達成ツールで、アイデア創出・情報整理にも活用できます。

マンダラートの良い所は、一つのキーワードからスタートして、80のキーワードに広がっていくことです。より具体的に、より多面的に物事を捉えることができます。

例えばあなたが、転職を考えているとしましょう。転職と言うキーワードから、「能力」「収入」「ご縁」「やりたいこと」「夢」などのキーワードが浮かんできます。

さらに、そこから新しいキーワードが出てきます。「ご縁」からは「転職したあの先輩に話を聞いてみよう」と思いつくかもしれません。「夢」から「そういえば小学生の頃、●●になりたいって書いたな」と思い出すかもしれません。一つのキーワードが新しいキーワードが生まれ、目標達成に向けた具体的な行動が見えてきます。

マンダラートは、完璧に作る必要はありません。まずは、最初の9マスを埋めることからスタートすると良いでしょう。その一歩が、あなたの未来につながっています。

●マンダラート作成用EXCELファイル(無料ダウンロード)

※今回紹介した「マンダラート」は、書籍「図解でわかるビジネスフレームワーク いちばん最初に読む本」76ページ〜を参照ください。

posted by KENTA at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。